化粧水などのスキンケア化粧品を作る際に、なくてはならないものが「水」です。その「水」の「良し悪し」で、化粧品の効能は大きく変わってきてしまいます。

 

皆さんも「水」の成分が、様々な症状に効果があることはご存知かと思います。「○○の水は、胃腸に良い」と聞けば、それを汲みに行く方も沢山いらっしゃいますよね。

 

もちろんそれは化粧品作りで使用する「水」でも同じことが言えます。中でもミネラル成分で「カルシウム」と「マグネシウム」のバランスは、化粧品作りにとってはとても重要なことです。

 

理想的なのは「カルシウム2:マグネシウム1」が、化粧品に適したバランスだと言われています。このバランスが違うだけで、化粧品の効果は大きく変わってしまうのです。そこで「草花木果」では、天然の植物成分をしっかりと届けるために、化粧品の配合に適した、理想的なミネラルのバランスを持つ天然温泉水を探したのです。

 

そして厳選して見つけたのが、美人の湯として知られている鹿児島県霧島山麓の「関平温泉水」です。「関平温泉水」は、「カルシウム」と「マグネシウム」の理想的な配合バランス「2:1」のミネラル成分を含んでいたのです。この「関平温泉水」は潤いを与えるだけではなく、肌本来のちからに働きかけ、内側からキレイに潤してくれる「美肌水」なのです。

 

美しい肌にするためには、生活環境だけではなく、そのスキンケア化粧品に配合している「水」はとても重要なポイントです。その「水」にこだわって作られた「草花木果」は、お肌に確かな潤いを与えてくれる化粧品なのです。